【北欧神話】ロキは北欧神話最大のスター!ロキを5分で徹底解説!

2019年6月4日

北欧神話の主役とも言うべきロキ。

神話のほとんどの話は、ロキが引き金になって始まります!今回はそんなロキについて説明します!

5分で解説!ロキの生涯

ロキは神々の国アースガルドに住んでいますが、神ではありません。彼はファールヴァウティとラウフェイという巨人の子で、正真正銘巨人族です。「ロキ」とは古い言葉で「火」を表しますから、彼は火の巨人なのでしょう。

巨人の子なのですが、彼はどういうわけか「神々の一員になりたい!」とアースガルドへやってきて猛烈な自己ピーアール。そしてまたどういうわけかオーディンに大いに気に入られて、うまうまとアースガルドの仲間入りをしたのでした。

オーディンがどうしてロキを気に入ったのかはわかりませんが、「自分と同じ血を感じた」と記述があります。オーディンは半分巨人の血が流れているので、そのことを意味しているのかもしれません。オーディンはロキを自分の義兄弟にし、ロキが同じ席にいなければ麦酒(エール)も飲まないと言った(らしい)そうです。

オーディンってどんな神?神々の王の波乱に満ちた生涯を解説!

巨人でありながら神の一員となったロキ。しかし彼は根っからのいたずら者で、しかも抜け目のない頭脳の持ち主でした。平和な毎日は性に合わず、年がら年中騒動を起こしては喜びます。

しかし、年月が経つにつれ、ロキの性格は徐々に変化します。初めはお茶目ないたずらをしていたロキですが、だんだんと根暗で陰湿な悪だくみをするようになるのです。これは、彼の中に徐々に神々に対する不満が募っていった結果だと思われます。もともと巨人族であるロキは、結局アースガルドには溶け込めず、浮いた存在だったのです。

ついにロキは光の神バルドルを殺害するというショッキングな事件を引き落とします。そして神々が居並ぶ席に乗り込んで、全ての神々を口を極めて罵るのです。この場面は「ロキの口論」と呼ばれ、北欧神話でももっとも有名な話の一つです。

神々はロキを捕縛して洞窟に閉じこめます。しかし最後、神々の滅亡の時「ラグナロク」が訪れるとき、ロキは解放され、巨人たちを引き連れて神々を滅ぼすのです。

かなりブラックな面を持つロキですが、ロキは北欧神話の真の主役と言って差し支えないでしょう。

ロキの性格は?

ロキの性格は極めて複雑。ハンサムで顔は美しいのですが、気まぐれで高慢、大変ずる賢く、プライドの塊のような人格です。いたずら好きで毒舌家。トラブルを引き起こすのが何よりの楽しみ。

とてもダイナミックで何をやらかすか予測が立たず、そのせいで神々はいつも振り回されます。しかし、それがかえってロキの大きな魅力になっていることは見逃せません。

ロキの特技は?

ロキには様々な特技が!

・変身できる(特にどーぶつ)

・男にも女にもなれる!

・子供も産めるよ!(しかもどーぶつの子ども)

・超絶な毒舌

こういう特技を使っていろいろやらかします。そして、男にも女にもなるため、あるときはお父さんに、あるときはお母さんになるという異常な事態に……。

ロキの家族

ロキは奥さんがいないくせに、あっちこっちに子どもを作ります。ここでは有名どころの子どもと愛人をご紹介。

愛人

女巨人アングルボザ

アースガルドに住んでいるロキ。あるときヨーツンヘイムが懐かしくなって、女巨人といい仲になります。彼女との間には凶悪な子供を三人も作ります。
・フェンリル狼
・ミッドガルド蛇
・ヘル
狼だの蛇だのと、とんでもないのばっかり。運命の女神ノルンに「彼らの母親(アングルボザ)は悪い。だが彼らの父親(ロキ)はもっと悪い。彼らからは一番悪いこと以外の何も期待するな」と予言されてしまいます。

馬スヴァディルファリ

アースガルドの城壁を巨人の棟梁が修復しているとき、美馬に化けて彼の馬スヴァディルファリをたぶらかし、工事の邪魔をしました。ロキはスヴァディルファリといい仲になり、仔馬まで産みます。

フレイヤ

彼女はロキだけでなく、すべての神々と関係を持っています。気にしなくていいです。

フレイヤってどんな女神なの?美と愛の女神を分かりやすく解説!

ですが、あずみ椋(りょう)氏の作品「緋色の剣」でのロキとフレイヤの関係は素敵です。気になる方はこちら!

北欧神話関連マンガ!これさえ読めば神話の70%は分かる! リスト作成中!

あずみ椋氏は他にもいろいろ北欧神話関連のマンガを執筆なさっています!ぜびぜひご覧あれ。あずみファンが日本中に広がることを願ってやみません。詳細はあずみ椋公式ホームページで!

子供

ロキはけっこう子だくさんです!

フェンリル狼

女巨人アングルボザとの間の子。超巨大で邪悪な狼。神々はフェンリルが日増しに巨大に狂暴になるので恐ろしくなり、グラウプニルという丈夫な縄でぐるぐる巻きにしました。ストレスの塊になったフェンリルは、ラグナロクでオーディンを食べてしまいます。

ミッドガルド蛇

またの名をヨルムンガンド。女巨人アングルボザとの間の子です。どんどん巨大になっていくので、邪魔だと言われて神々に海に放り込まれます。海の中でも成長を続け、とうとう世界をぐるっと一周して自分のしっぽをくわえるようになりました。ラグナロクでトールと戦い、頭をつぶされて死にます。トールはミッドガルド蛇の独で死んでしまいました。

このエピソードを詳しく知りたい方はここをクリック!

トールってどんな神?北欧神話で唯一いい神様だった?!

ヘル

女巨人アングルボザとの間の子。頭から腰までは普通の女性なのですが、腰から下は腐り果てた姿です。一目で「ヤバい」と思ったオーディンは、ヘルを冥界に追放。そのままヘルは冥界を治める女王になりました。

【関連記事】北欧神話のあらすじ!どこよりも分かりやすい完全保存版!

スレイプニル

馬スヴァディルファリとの間に産まれた仔馬。八本足で、素晴らしく速く走ります。ロキはスレイプニルをオーディンにプレゼントしました。

このエピソードを詳しく知りたい方はこちら!
アースガルドの汚された城壁

ロキは北欧神話の人気者!

毒舌家で傲慢なロキですが、それがかえってロキの魅力。彼なしには北欧神話のほとんどの話は始まりません。ラグナロクもロキなしにはあり得ないといって、過言ではないでしょう。

【関連記事】北欧神話のあらすじ!どこよりも分かりやすい完全保存版!

ペニーレ・コリドン / ファセットリング(ローズゴールド)/ r-145rgp / PERNILLE CORYDON / ペニーレコリドン【北欧】【デンマーク】【アクセサリー】【ギフト】【プレゼント】【北欧雑貨】

価格:6,264円
(2019/3/15 23:42時点)
感想(0件)