アキレウスはトロイア戦争の主役!美形で短命の武将の生涯

2020年7月17日

トロイア戦争で最も活躍した武将と言えば、アキレウスかオデュッセウスか、といったところ。この二人には大きな違いがあって、

アキレウス⇒力技

オデュッセウス⇒頭脳プレイ

――なのです。華々しいアクションはアキレウスのもの。オデュッセウスは作戦担当、という役どころです。

このページでは、アキレウスの生涯、性格、特徴などをかいつまんで紹介します。

アキレウスの生涯、超短いけど盛りだくさんだぞ!

アキレウスは短命です(だいたい27歳で死にます。諸説あり)。でもさすが神の子!これでもか、これでもかというほどエピソード詰め込みまくりの人生です。

実は海の神の子

アキレウスは海の女神テティスと、人間ペレウスの子です。テティスは「その父よりもグレードの高い息子を産む」というすごい子宮の持ち主。ペレウスがけっこう名の売れた英雄だった上に、テティスの神の血とすごい子宮。産まれてくる子はまさに最高級品! こうした理由で、アキレウスは生まれる前からすごい英雄になることが運命づけられていたのです。

生まれてすぐに冥界の川にダイブ

アキレウスは神の子ですが、父親が人間なので人間レベルの寿命しかありません。永遠に生きる神の母は、愛しい我が子があっという間に死んでしまうことを嘆き、「この子を永遠に生かしたい」と願います。

母のテティスは、産まれたばかりのアキレウスを、冥界の川ステュクスに連れていきました。この川の水を浴びた者は、不死身になれるのです。テティスはアキレウスの足首を持って、川の水にドボンと浸しました。

「ああ、これでこの子は不死になれた……」

と思ったテティスですが、何という運命の皮肉。足首をしっかりと握っていたために、アキレウスは「足首に深い傷を負ったら死ぬ」という身体になってしまったのでした。

でも、足首以外は斬っても突いても不死身。アキレウスは最高の勇士へと成長したのでした!

女装させられたアキレウス

アキレウスと言えばトロイア戦争の英雄。トロイア戦争は、トロイア対ギリシャの大戦争。そのギリシャ側一の大将……なのですが、母のテティスが

「アキレウスはトロイアに行ったら英雄になれるが、あっという間に死ぬ。行かなければ平凡な人生だが長生きする」

という予言を入手。「平凡でいいから長生きしてちょうだい」と息子に泣きつき、女装させて(当時十四歳)娘たちの間に隠します。迎えに来る使いの目をごまかそうとしたのです。

しかし、やって来たのは天才のオデュッセウス。一瞬で見破られてしまいました。アキレウス自身は「平凡に長生きするより、英雄になりたい」と思っていたので、ためらわずトロイアへ旅立ったのでした。

アガメムノンと大喧嘩

トロイアへ旅立ったアキレウス。まだ十七という若さでしたが、神がかった強さ!

トロイアの周りの勢力を次々に落としていき、ギリシャ勢に勝利をもたらします。しかし、ある日ギリシャの総大将アガメムノンが、アキレウスを「お前ほど暴力的で戦好きで、乱暴な男は他に知らん」とバカにした上に、アキレウスの女ブリセウスをぶんどるという最低な振る舞いをします。

これにキレたアキレウス。

「俺はこの戦争で死ぬと分かっていて、命を賭けて戦ってきたのに! もうあんたのためには戦わない! もう戦に出ないからな!」

とストライキに入るのでした。

親友パトロクロスを失う

最強の戦士アキレウスを失ったギリシャ勢、瞬く間に劣勢に陥ってしまいます。どんどん追い詰められ、トロイア勢がギリシャの陣地に火を放つまでに……。

この味方の有様を見ても、怒り狂っているアキレウスは平然としたものでしたが、彼の親友パトロクロスが

「アキレウス! 味方が死んでもなんとも思わないのか。どうしても戦場に出ないというのなら、せめて俺にあんたの鎧を貸してくれ。あんたに化けて俺が出る。それだけでも味方は大いに力づけられるだろう」

と言います。これに動かされたアキレウス、友人に自分の鎧を貸します。

アキレウスに化けたパトロクロス、大いに戦場で暴れまわりました。「アキレウスだ」と思っただけでトロイア勢は逃げ回り、大混乱。……しかし、トロイアの王子で随一の戦士ヘクトルが向かってきて、パトロクロスは無惨な戦士を遂げてしまったのです。

「何だこいつは! アキレウスではない! 人をバカにしおって!」

と、ヘクトルは怒り心頭。パトロクロスの死骸をめった切りにしてしまいます。アキレウスが親友の死を知って陣屋から飛び出してきたとき、パトロクロスは二目と見られぬ姿になっていたのです。

ヘクトルとの一騎討ち

パトロクロスを失って、怒り狂うアキレウス。恨みの形相凄まじく、ヘクトルを討たんと戦車を駆ってかかっていきます。

対するヘクトルも、トロイア第一の王子。ギリシャ勢で最強の戦士アキレウスを討たねば、トロイアに勝ち目はないと分かっているので、果敢にも受けて立ちます。

勝負は一瞬。アキレウスの槍がヘクトルの喉を突いて、アキレウスが勝利しました。

親友の死骸を辱められたアキレウスは、ヘクトルの死骸を犬に食わせてやろうと、野外にほったらかしておいたのですが……。ヘクトルの父、プリアモス王が涙を流しつつ

「息子の死体を返してほしい。慈悲をかけてくれ」

と頼み込んだので、案外情にもろいアキレウスはヘクトルの死骸をトロイアへ返還したのでした。

パリスに殺される

アキレウスが殺したヘクトルは、太陽神アポロンが贔屓にしていた英雄でした。ヘクトルが殺されたことに恨みを持ったアポロン、アキレウスを殺してやろうと心に決めます。

そこで、アキレウスがついにトロイアの城内に攻め込んだ時、ヘクトルの弟パリスに弓矢を持たせ、神のパワーを吹き込んで、アキレウスのかかとを射抜かせたのです。ヘクトルが死んでから、三日後のことでした。

予言が的中し、実に短い一生でした。しかし、また予言通りトロイア戦争で抜群の戦果を挙げ、永遠の名声を手にしたのです。

アキレウスの性格は?

アキレウスの性格は強情で短気一徹、ほとんどの場面で怒ってます。孤独な一匹狼で、簡単に人を寄せ付けません。オデュッセウスが大量の賠償金を持って「アガメムノンとのケンカをやめて、戦場に戻ってきてくれないか。アガメムノンの娘もプレゼントするよ」と頼みに行っても、「俺はあいつの顔を見るのも嫌だ。黄金なんかこの腕でいくらでも手に入れられるさ。奴の娘もお断りだ」とあっさり断るシーンからも、気の短さがうかがわれます。

一方で、親友パトロクロスが死ぬと、「トロイアで戦ったら死ぬ」と予言されているのに、即刻戦場に戻るなど、友情には厚い一面も見られます。

アキレウスは古代の神話においても、非常に古いタイプの戦士なのです。「国のため」とか「あるじのため」とかには絶対に戦いません。英雄としての名誉や、愛する友のためにしか戦わないのです。

アキレウスの家族、周囲の人々

アキレウスは付き合いが悪いので、あまり仲のいい人はいなかったようです

両親

母、海の女神テティス。父、人間ペレウス。

アキレウス誕生後、両親は不仲になったので一人っ子です。

ディダメイア

アキレウスの妻。息子ネオプトレモスを産む。

ネオプトレモス

アキレウスの息子。アキレウスの死後、トロイアへ参戦する。容貌はアキレウスそっくりで、腕前もすごかった。

ポイニクス

アキレウスが子供のころ、家庭教師をしていたじいさん。アキレウスを溺愛してトロイアへも一緒に行く。

パトロクロス

アキレウスの親友。年齢はアキレウスより上だが、立場としては家来。トロイアでヘクトルに惨殺され、アキレウスはその復讐をする。その後、幽霊になって仲良しのアキレウスに会いに来る場面もある。

古代ギリシャのことなので、パトロクロスとアキレウスはアヤシイ仲であったとも。

ブリセウス

アキレウスの恋人。アガメムノンに取り上げられてしまい、アキレウスは怒って戦場から離れる。アキレウスの死後、葬式で号泣する。

オデュッセウス

アキレウスと結構仲良しの英雄。トロイア戦争一の知将。アガメムノンとアキレウスのケンカを収めるため、アガメムノンからの賠償金を持って、アキレウスを説得しようとする。でもこの時はアキレウスに

「俺は口で言うことと腹で思っていることが違う奴が、地獄の門より嫌いなんだ」

と言われてしまう。

アガメムノン

アキレウスを乱暴者で傲慢な奴と嫌っており、大喧嘩した上にブリセウスを取り上げた総大将。このためアキレウスが戦場から離れ、ギリシャは危機に陥る。

アキレウスの持ち物

人生が短かったためか、あんまり持ち物はないようです

愛馬クサントスとバリオス

アキレウスの両親が結婚した時、海神ポセイドンがお祝いにくれた神馬。人間の言葉をしゃべるすごい馬。

特に名前はないようですが、ケンタウロスのケイローンがくれた巨大な槍。柄はトネリコでできています。重いし巨大なので、アキレウスレベルの英雄しか使えません。

最初につけていた鎧は、トロイアへもっていかれてしまいました。パトロクロスに貸したのですが、彼がヘクトルに殺されて、身ぐるみはがされてしまったからです。

アキレウスが人生最期に着ていた鎧は、母のテティスが鍛冶の神ヘパイストスに作らせたもの。アキレウスの死後、この鎧はオデュッセウスが貰い受けます。

竪琴

アキレウスは竪琴の名手です。これはアキレウスが子供の時、彼に学問を教えたケイローンが

「この子は怒りっぽすぎる。音楽を教えれば少しは落ち着きが出るかもしれない」

と思って竪琴を教えたからです。

アキレウスが出てくる映画

アキレウスを実写で見たかったらこれ!

トロイア戦争関連の映画は、たぶんわたしは全て見たと思いますが、アキレウスが一番カッコいい映画はこれです! ブラッド・ピットの戦闘シーンが非常にいいです。盾をカメの甲羅みたいにして背中につけてるのがリアリティーですね。

難を言えば……トロイ落城前に死んでほしかったですね。アキレウスはトロイの落城を見ずに死ぬから悲劇なんですよ。

まとめ

アキレウスは短気で強情で偏屈な英雄です。あまり人の言うことに耳を貸さない一面もあります。

ですが、非常に友情に厚く、誇り高い英雄でもあります。平凡な長寿よりも、英雄としての短い一生を選びます。

欠点が多いからこそ、逆に人間味が増して愛すべきキャラクターとなっているのです。
【関連記事】
ギリシャ神話のお勧めの本!
完全保存版! トロイア戦争のあらすじまとめ
ヘクトルはトロイア一気高い男!ただしツイてない
オデュッセウスは地中海一の冒険者!知恵と根性の英雄の生涯
アガメムノンはトロイア戦争の悪!惨殺されたのは天罰!
パリスはトロイア戦争一のカス!カスぶりを徹底解説
アイネイアスはトロイア戦争の勝ち組!実はローマを作った人だった
【冗談ギリシャ神話】セーラームーンと神話の関係!タキシード仮面が働かないのはなぜ?

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。