呂布は三国志最強の英雄!どこよりも分かりやすい呂布の人生まとめ

2020年6月5日

三国志で一番強い英雄と言えば、やっぱり呂布(りょふ)!ゲームでも100レベルという、あり得ないほどの最強ぶり!

しかし、これほど強い呂布なのに、実は武運から見放されっぱなしの上に、最後にはむごたらしく死罪。非常に短命だったってご存知ですか。

ここでは、呂布の人生をどこよりも分かりやすく解説します!

呂布はホントはごつくない!どんな顔だったのかな?

呂布はゲームのイメージからすると、「ごつい!」「でかい!」「とにかくマッチョ」といった感じですが、史実ではかなり違います。

「眉目清秀(びもくせいしゅう)」

色が白く、涼しげな二枚目だったそうです。このことは、陳舜臣(ちんしゅんしん)の三国志によく語られてるぞ。王道の吉川英治三国志とは違って、ハンサム、色白、目もと涼し気な呂布が登場。彼に会いたかったら読んでね。

青年呂布、主人を惨殺!

呂布はもともと、北方遊牧民の出。漢民族ではありません。なので、生年は不明。おそらく孤児だったといわれていて、前半生はさっぱり分かりません。

記念すべき呂布の初登場は、都の洛陽(らくよう)の金吾兵(きんごへい。警察のこと)で働いていたところからです。時の権力者、董卓(とうたく)は、洛陽を自分のものにするために、呂布を口説いて金吾兵を手に入れようとします。

「金吾兵のリーダー、丁原を裏切って、自分のところで働かないか。エリートの位を上げるし、名馬の赤兎馬(せきとば)もおまけにプレゼントするぞ」

これで呂布はあっさり主人を裏切り、なんと丁原の首をぶら下げてドンッと董卓の前に置いたのでした。

呂布、董卓も惨殺!

武勇絶倫の呂布、董卓(とうたく)の元で大活躍します!董卓に逆らう勢力を片っ端から片づけ、「飛将」の名をほしいままに。

ところが……。呂布はこの第二の主人董卓と争い、董卓を殺すことになります。原因はあろうことか女の問題。董卓の寵姫、絶世の美女貂蝉(ちょうせん)に恋したためでした。

貂蝉に運命的な恋をしてしまった呂布、ある日恋心押さえきれず、貂蝉と庭で密会。しかし、董卓にあっさりバレてしまい、立場が危うくなってしまいます。「殺される前に、殺さねば……」と考えた呂布。文官のリーダー王允(おういん)と示し合わせて、暗殺計画を練ります。董卓が宮中に用があって出向いたところをグッサリ。

こうして、呂布は董卓を首尾よく討ち取ったわけですが……。董卓の率いていた軍勢がクーデターを起こしたため、呂布は都、洛陽(らくよう)にいられなくなってしまいました。

呂布、放浪する

都を終われた呂布、次に使える主君を求めて放浪します。呂布レベルの武勇なら引く手あまたのはずでしたが……何しろ二人も主君を殺してるため、どこでも警戒されることに。

  • 袁術(えんじゅつ)から門前払い。
  • 袁紹(えんしょう)に山賊を退治するよう命じられ、十万の山賊を手勢の数十騎で壊滅。でも「もう用なしだな」と暗殺されかかり、脱走。
  • 曹操(そうそう)と散々戦うも、いきなりイナゴが大発生。「これはヤバい」と両軍逃げる。

こんな感じでさまよう呂布。最終的に劉備玄徳のいる徐州にたどり着きます。いろいろあって(略しすぎ)、劉備を追い出して徐州乗っ取り。ようやく徐州の地に落ち着くことになります。

呂布、下邳で死す

徐州を追い出された劉備玄徳は曹操と組み、徐州に攻撃を仕掛けます。この頃、曹操はたいそう羽振りが良く、雲霞(うんか)の如き大軍。呂布はじりじりと追い詰められ、下邳(かひ)の城に立て籠もります。しかしここも四方八方囲まれ、押すもならず、退くもならず。

「この上は、将軍の娘を袁術の息子に差し出して、援軍を乞いましょう」

参謀、陳宮(ちんきゅう)の勧めで、呂布は背に十三歳の娘を縛り付け、単騎、敵陣を破って袁術の元へ走ろうとします。しかし、矢玉飛び交う戦場に娘が悲鳴を上げ、愛娘可愛さに一歩も動けなくなってしまったのでした。

ついに、城は水攻めにあって、呂布は生け捕りにされてしまいます。呂布は「俺を雇わないか」と曹操に持ち掛け、曹操もかなり心がぐらつきましたが、側にいた劉備が「こいつは主人を必ず殺す奴です」と進言。この一言で、あわれ呂布は殺されてしまったのでした。

呂布の性格は?

呂布は間違いなく武勇絶倫、最強の戦士です。将軍としては知恵が回りませんが、そこはブレーンの陳宮がカバー。しかし、二度もあるじを殺したことから、まことに人気がなく「狼性がある」とか「行き当たりばったりに殺人を繰り返し、目先の欲に囚われる奴」とか、散々に酷評されています。

しかし、呂布はそもそも遊牧民。裏切りは当たり前、弱肉強食のモンゴルの世界から中国へ渡ってきたのでした。性格が中国人とはかけ離れていて、漢の社会に溶け込めなかったのは、当たり前のことだったかもしれません。

最近では、貂蝉への恋を貫いたり、愛娘への愛の深さから「まるっきりの悪人じゃないんじゃない?」と見直されつつあるキャラクターです。

呂布のアイテムはこれだ!

呂布と言えばこれ!というアイテムがいくつかあります。

赤兎馬(せきとば)

一日に千里を走り、水の中でも平地のごとく走り、いくら走っても疲れず、しかも真っ赤な汗を流す(これは目の錯覚でしょう)という、スーパー名馬です。

董卓が呂布をスカウトするときにプレゼントした馬で、呂布が死んだあとは関羽がもらいます。

方天画戟(ほうてんがげき)

呂布が愛用していた武器です。巨大な槍の横に、三日月みたいな刃がついてます。

呂布は一度、この戟を百五十歩先に突っ立てて、矢を引き絞り、先っぽにぶら下がっている紐を射切ったことがあります。

呂布の関係者

あちこち放浪したから、関係者は結構いますね。

丁原(ていげん)

最初の主人。殺しちゃったよ。

董卓(とうたく)

次の主人。女を争って、殺しちゃったよ。

貂蝉(ちょうせん)

運命の恋人。超美人。

陳宮(ちんきゅう)

エリート参謀。呂布は頭が良くないので、この人がいつも考えてるよ。

袁術(えんじゅつ)

娘を嫁入りさせようとして、失敗。

袁紹(えんしょう)

せっかく山賊を退治してやったのに、暗殺されかかったよ。

劉備玄徳(りゅうびげんとく)

こいつから徐州を分捕る!でも復讐されたよ。

曹操(そうそう)

一度、かなり追い詰めたけどイナゴのせいで失敗。その後、下邳(かひ)で殺されちゃったよ。

まとめ

長々と、ここまでお疲れ様です!

呂布は「裏切りばっかり」と人気がないですが(ゴキブリにされてるしね!)、わたしとしてはかなりお気に入りキャラです。Amazonキンドルから出版している、「三国志より熱を込めて」に、熱を込めて詳しく書いてるので、きっと読んでね!

呂布は三国志最強の男!どこよりも分かりやすい呂布の人生まとめ
劉備玄徳ってどんな人?わらじ売りから皇帝へ大出世の人生まとめ
曹操は三国志の陰の主役!奸雄の人生と性格を五分で解説
関羽は男が惚れる男!三国志で一番愛された英雄の生涯
【冗談三国志】劉備の息子、阿斗が暗愚な理由!黒幕は趙雲だった!

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。