関羽は男が惚れる男!三国志で一番愛された英雄の生涯

2020年6月5日

三国志には五百を超える英雄がいますが、そのトップスリーに入る有名人、関羽(かんう)!たとえ三国志を読んだことがない人でも、関羽の名前くらいはどこかで聞いたことがあるでしょう。

関羽がなぜ、これほど有名かと言うと……。三国志の三人の皇帝、曹操(そうそう。彼は皇帝の座にはつきませんでしたが)、劉備(りゅうび)、孫権(そんけん)の三人からベタ惚れされ、数えきれないほどスカウトされたからなのです!

しかし関羽は「自分の主人は、生涯劉備だけ」と忠節を貫きます。まさに三国志一の男気。カッコよさの塊だったのです。

今回は、その関羽の生涯と、カッコいいエピソードを徹底解説します!

関羽の生涯。長いのでざっくりと

関羽はもともと塾の先生です。なのでインテリ。でもメチャクチャ腕の立つ武人で、友達の張飛(ちょうひ)と義兄弟の契りをかわしていました。二人の約束は

「いつかいい主人を見つけて、漢の復興のために戦おう」

ということ。そんなある日、偶然張飛が、漢の皇室の血を継いでるという劉備を発見。劉備、関羽、張飛の三人は桃園で

「我ら、同年同月同日に生まれずとも、必ずや同年同月同日に死なん!」

と固く誓ったのでした!

でも劉備は主人公のくせにとことんツイてない男。戦下手で石頭で貧乏の三重苦。長年、連戦連敗を続けて辛酸をなめます。でも鉄の男、関羽はどこまでも劉備についていくのでした!

いろいろあって、やっと天才軍師諸葛孔明をゲットした劉備。ここから三兄弟の運は上がっていきます。赤壁(せきへき)の戦いで大勝利。続いて荊州(けいしゅう)ゲット。さらには広大な蜀(しょく)の地も手に入れます。

蜀と荊州は離れてるので、劉備は信用してる関羽に荊州を任せました。が、これが運命の分かれ道。関羽は同盟を結んでいた呉(ご)の国に裏切られ、呉と魏(ぎ。曹操の国)に挟み撃ちにされて無残な最期を遂げたのでした。

鉄の男関羽。カッコいいエピソード4選!

関羽はとにかくカッコいいエピソードが多いです。ここでは特に厳選して四つのエピソードを紹介します!

瞬殺!華雄を撃破!

ある日あるとき、華雄(かゆう)というメチャクチャつよい敵の武将に、みんな手こずっていました。

「誰か、華雄を斬るものはいないか!」

と曹操が呼びかけますが(この頃、劉備たちは曹操と同盟してました)、そこに関羽が登場。「それがしが行かん」

曹操は出陣の祝いに熱燗を捧げますが、関羽はこれを辞退。「帰ってきたから頂きます」と言って、ヒラリと戦場へ……。と、思いきや!次の瞬間、華雄の首をぶら下げて帰ってきたのでした!

「では、酒を頂きます」

と手を差し伸べる関羽。酒はまだ熱いままでした。これで、曹操は関羽にぞっこんになってしまったのです。

曹操大失恋……。二君にまみえず

曹操と劉備が戦争したとき。曹操は関羽を罠にはめて生け捕りにします。「生け捕りにならなかったら、すでに捕まえてる劉備の奥さんたちがピンチになるぞ」と脅したので、さすがの関羽も恥を忍んで降伏したのでした。

もともと、曹操は関羽にベタ惚れです。何とか関羽の忠誠心を自分に向けさせたいと思って、あの手この手……。三日に一度は宴を開き、連日プレゼント作戦。当代一の名馬、赤兎馬(せきとば)も贈り、十人の美女までやるという猛アタックを繰り広げます。曹操の他の部下たちも、あまりの熱愛ぶりにドン引き。

ですが!関羽の心は動きません。「わたしの主君は兄者だけです。兄者の消息が知れたらすぐに駆け付けます!」と堂々宣言。(このとき、劉備は戦に負けて行方不明でした)

曹操は自分を可愛がってくれたので、曹操の敵の強い武将を散々斬って恩を返します。そしてその後、劉備の消息が知れるや、今までもらったプレゼントは全部置いて行って、千里のかなたにいる義兄弟の元へ、風のように去っていったのでした!

ああ、武士の情け。敗者を見逃す

赤壁の戦いで曹操軍を撃破した、劉備と孫権の同盟軍。曹操は命からがら、ボロボロになって敗走しました。

そんな逃亡の途中!曹操たちは関羽の軍に遭遇!「ああ、最期だ!」と曹操は覚悟を決めます。

曹操の部下たちは、かつて曹操が関羽を生け捕りにして命を助け、大変な寵愛ぶりだったことを知っています。「どうか、殿の命を助けて下さい!あなたは殿に恩があるはずだ。もし、どうしても殺すと言われるなら、わたしたちも全員自害して果てます」と涙の訴え。

関羽にしてみれば、曹操は主君の劉備にとって大敵。絶対に殺さなければなりません。しかも、軍師の諸葛孔明から「曹操を逃がすな。もし旧恩に囚われて見逃したら死罪だ」と言われていました。

しかし、情の人関羽は曹操の恩を忘れられません。自分の命を捨てることになっても、仁義を捨てられませんでした。「行きなさい……」と一言。曹操を見逃したのでした!

まさに命がけ!義兄弟の誓いを貫く!

晩年の関羽が呉と魏に挟み撃ちにされ、単身、絶体絶命のピンチに陥ったときのことです。関羽の武勇と忠節を知る呉の皇帝孫権は、関羽の命を惜しみました。

「呉に降って、自分の配下になれ。一代の英雄を我は惜しむ」

しかし、関羽はかえって笑って言い返します。

「笑止!我と劉皇叔(りゅうこうしゅく。劉備のこと)は桃園で誓った義兄弟である。たとえここで死すとも、我は二君にまみえず」

そしてそのまま、敵に包囲され、壮絶な戦死を遂げてしまったのです……。孫権は「ああ、惜しい、惜しい……。なぜ関羽は我が家臣ではないのだろう……」と涙ぐんだのでした。

関羽トレードマークはこれだ!

関羽は結構目立つ格好をしてます。ここでは、彼の容貌とアイテムを紹介します。

とにかく長いひげ!

関羽は別名、美髭公(びぜんこう)といい、とにかく長いひげの持ち主です。

黒々としたひげが腹まで届き、しかもツヤツヤでシルクの手触り。このころ、長いひげが大流行だったのですが、関羽のひげは有名で、他の武将も羨ましく思ってたそうです。

顔が真っ赤

関羽は朱面で、常に顔が真っ赤です。目は鳳眼(ほうがん)といって、鳳凰の目ように細く、眉は蚕のように太かったそうです。

たいそう立派ですが、鬼みたいな顔ですね。

赤兎馬(せきとば)

曹操がプレゼントしてくれた、中国一の名馬!もともとは呂布(りょふ)が持ってました。

呂布を知らない人はこちら!
呂布は三国志最強の男!どこよりも分かりやすい呂布の人生まとめ

青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)

関羽が持ってるスーパー武器。槍の先っぽがえらく巨大化したよーな武器です。

この武器は実在しません。後世、フィクションで作られました。真面目にこの武器を作ると、二十キロあるそうです。

関羽後日談

最後、挟み撃ちにされて死んでしまった関羽ですが、後日談があります。

関羽をはめて首をとった呉の武将、呂蒙(りょもう)。彼は大手柄を立ててウキウキだったのですが、その直後、謎の病で倒れてしまいます。

「うう!関羽のたたりだ!うぎゃー、殺されるー」

とうめきつつ死んでしまいました。

あるいは……。孫権は呂蒙のために戦勝祝いの宴を開いてやったのですが、その場でいきなり倒れた呂蒙。次の瞬間!起き上がった呂蒙は関羽の霊にとりつかれていたのです!

「貴様ら、地獄で待っているぞ~」

と関羽の声で叫ぶや、いきなり首を掻ききって死んでしまいました。

恐ろしい話ですね……。

関羽関係者

関羽はとにかく人気者!関係者も大勢います。ここでは代表格だけ抜粋。

劉備

義兄弟で主君。この人のためなら、火の中水の中だよ。

張飛

義兄弟で弟分。酒ばっかり飲んでるいい奴。

呂布

三国志最強の男。さすがの関羽も敵わないよ。関羽、劉備、張飛の三人で戦ったことがあるけどヤバかった。

華雄

瞬殺!

曹操

関羽に惚れてる、魏のエライ人。

貂蝉

呂布の奥さん。呂布が死んだあと、関羽に嫁いだという説もある。

諸葛孔明

劉備に仕える天才軍師。でも、劉備が孔明ばっかり可愛がるから、関羽は内心面白くないよ。

孫権

最後、関羽をはめた呉の皇帝。でも関羽を雇いたかったんだよ。フラれたけど。

呂蒙

関羽を挟み撃ちにして首をとった男。でも関羽にたたられて死亡。

まとめ

長々、ご精読ありがとうございました。

関羽はどこまでも一途、真面目な性格なので、後世も大人気を誇りました。

日本の横浜中華街には、関羽の廟(お寺みたいなやつ)があります。結構立派で、きれいな建物ですよ。日本にいて関羽に会える隠れスポットです。行ってみるのも一興です。

関羽については、Amazonキンドルで出版している拙作「三国志より熱を込めて」に詳しく書いてあります!ぜひ読んでね。

呂布は三国志最強の男!どこよりも分かりやすい呂布の人生まとめ
劉備玄徳ってどんな人?わらじ売りから皇帝へ大出世の人生まとめ
曹操は三国志の陰の主役!奸雄の人生と性格を五分で解説
【冗談三国志】劉備の息子、阿斗が暗愚な理由!黒幕は趙雲だった!

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。