曽我兄弟の本を出したよ!

2020年7月17日

前回、
三国志より熱を込めて:通勤時間に読める三国志Kindle版

あなたの星座の物語 Kindle版
という本をAmazonキンドルから出版しましたが、今回、また新たに本を書きました!

曽我兄弟より熱を込めて Kindle版

Amazonキンドルで現在発売されています!

曽我兄弟(そがきょうだい)とは?

「日本三大仇討ち」。一に富士、二に鷹の羽打ち返し、三に上野で花と散りける――という言葉がありますが、この「一に富士」が曽我兄弟の仇討ち。「二に鷹の羽打ち返し」が鍵屋又五郎の仇討ち。「三の上野」は皆さんご存知、四十七士のことです。

つまり「曽我兄弟」とは、日本一の富士山の麓で、派手に仇討ちをした兄弟のことなのです!

三大仇討ちの中では最も古い、鎌倉時代初期。源頼朝が鎌倉幕府を成立させた直後の大事件です。何と彼ら兄弟は、頼朝が富士の裾野に建てた狩りの陣屋の中で、頼朝の寵臣を惨殺。あまりにも衝撃的な事件だったので、歴史書の「吾妻鏡(あずまかがみ)」にも大きく取り上げられています。

彼らの人生は「曽我物語」という本に、室町時代にまとめられました。

(分かりにくいですが、これは曽我兄弟のお墓です。小田原にあります)

気になるその内容は

曽我兄弟の内容は、意外と単純。兄は曽我十郎、弟は五郎。もともとは名門武士の子です。彼らは兄が五歳、弟が三歳のときに、父を工藤祐経(くどうすけつね)という男に殺されます。父を失った家族は所領を失い、瞬く間に貧乏に……。

親戚の曽我家にもらわれっ子となった十郎、五郎。父なし子のみじめさ。武士なのにろくに馬さえもらえずに、悔し泣きする毎日で、彼らは「きっといつか二人で、父上の仇を取ろう」といじらしい覚悟を固めるのでした。

二人は波乱万丈の人生を歩みます。月夜の晩、二人肩を抱き合って泣く名場面。仇、工藤祐経の罠で、浜辺で首を斬られそうになる大事件。あろうことか五郎は箱根の寺に閉じこめられ、六年も兄弟は離れ離れに……。そして五郎が寺から逃げ出し、涙の再会を果たす二人。手を取り合って、仇、工藤祐経を追い続けます。

父が殺されてから苦節十八年。これでもかというほど、愛と涙と兄弟愛に彩られた十八年の末に、ついに十郎、五郎は富士の裾野に仇を追い詰めたのでした!

今は忘れられてしまった曽我兄弟!

曽我兄弟は「日本三大仇討ち」の一つでありながら、今はほとんど認知度ゼロに近いです。しかし!曽我物語は名著です。日本人が知らないのは惜しいです。戦前はメチャクチャ大人気で、大河ドラマにもなったほどだったのですが……。

こういう話は曽我兄弟に限ったことではないです。三大仇討ちのうちあと二つ、「鍵屋又五郎」も全然知られてないですし、かろうじてまだドラマになっている「四十七士」も、四十七士のメンバーを三人以上言える人はほとんどいないのではないでしょうか。(全員言えたら逆にアブナイですが)

このたび、わたしは小田原にある曽我兄弟の墓に行ってきたのですが――地元の人に「五郎の踏み石という史跡はどこですか」と尋ねて、「え~、知らない」と言われて大ショックでした。(根性で見つけました)

これです!完全に民家の敷地内にありました。

次は山中鹿之介だ

けっこうベラベラと綴りましたが、つまり、わたしが何を言いたいかと言うと、

「日本人なら知ってて当たり前のはずなのに、忘れられてる話が結構あるよ」

とゆーことなのです!曽我兄弟は、あの源頼朝も兄弟の熱い思いに涙を流したという、大変泣けるいい話です。この話を読んで泣かない奴は鬼です。ぜひ読んでね。

こういう忘れられた話を、今後も発掘して本にする予定です。現在「山中鹿之介」を書いてます。書き終わったらまたぜひ読んでね。
【関連記事】
Amazonキンドルで「新講談 山中鹿之介」を出版したよ
Amazonキンドルから本を出しました!
四十七士の寺に行ってきました!
四十七士でおすすめの絵本
四十七士の名前と石高(完全保存版!)

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。