Amazonキンドルで「新講談 山中鹿之介」を出版したよ

2020年7月17日

こんにちは。メルクリウスです!この度、Amazonキンドルから新刊を出しました。

「新講談 山中鹿之介

コロナで図書館が使えなくなった中、苦心惨憺、二か月かけて書き上げたよ! ぜひ読んでね。

以前出した、以下の三冊もお忘れなく!

三国志より熱を込めて:通勤時間に読める三国志Kindle版

あなたの星座の物語 Kindle版

曽我兄弟より熱を込めて Kindle版

ところで、山中鹿之介って何者?

この人物のフルネームは山中鹿之介幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)。ぶっちゃけ、聞いたことのない名前だと思います。知ってる方、多分島根県出身か、かなりの年配か、相当なつわものです。

鹿之介は戦国時代、出雲の尼子(あまご)家に仕えた武将です。今の島根県ですね。

尼子とゆー名前も、聞いたことない方がほとんどでしょう。それもそのはず。尼子は小国で、いろいろあって毛利元就にあっという間にぶっ潰されてしまったのです。(略しすぎ、申し訳ない)

しかし!尼子はグダグダだったけど、家臣の一人、鹿之介だけは掘り出し物でした!この人、実に実に忠義の心厚い、絵にかいたよーな名将で、いつも三日月様を拝んでは「我に七難八苦を与え給え」と願い、一騎討では百パーセント勝ち抜きという、すごい記録の持ち主。

この鹿之介、尼子が滅んでしまった後も「必ず主家を再興する」と誓いを立て、志ある者を募っては、幾度となく毛利に戦いを挑むのでした!

しかし、敵もさるもの。大毛利に対して鹿之介はあまりにも小勢。あと一歩というところで出雲の地を取り戻せません。そこで鹿之介、最終的に織田信長に協力を依頼します。信長、結構快く協力を受け入れるのですが……。そこは鬼の信長、冷静な判断で鹿之介を裏切ります。数万の敵の中に鹿之介を置き去りにして全軍撤退――。

あわれなるかな、鹿之介は上月(こうづき)城という城に立て籠もり、七万の敵勢の取り囲まれて、壮絶な最期を遂げたのでした。

大分はしょりましたが、山中鹿之介とはこういう人です。映画の二、三本は作れそうなカッコ良さでしょう。詳しく知りたくなったら、本を買ってね。立ち読みでもいいよ。

【関連記事】
【山中鹿介の生涯!】「三日月の影」全文を載せたよ
Amazonキンドルから本を出しました!
曽我兄弟で本を出したよ!
四十七士の寺に行ってきました!
四十七士でおすすめの絵本
四十七士の名前と石高(完全保存版!)

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。