四十七士でおすすめの絵本

2020年4月2日

こないだ泉岳寺の記事を書いたので、ちょっと付け足しです。

わたしは北欧神話やケルト神話ばかり書いていましたが、実は四十七士とかの日本の古典も大好きです。中学の時は平家物語を読破(かなり暗唱しました)。日本書紀、大鏡、太平記もどんどん読んでました。

そーゆーわたしなので、子供らにも古典のすばらしさを知ってもらいたいと思い、いろいろ絵本を揃えました。今回は、そのわたしが感服した神レベルの絵本を紹介します!

今こそ、講談社の絵本!

我が家の絵本は二百冊を超えますが、ついにわたしがたどり着いた神絵本はこれです!

戦前に発行された、「講談社の絵本」!

dav

これはその頃の講談社の社長、野間社長が一大プロジェクトで制作した絵本のシリーズだそうで、四十七士をはじめ、楠木正成、牛若丸、豊臣秀吉など、無茶苦茶いっぱいあります。

それのどれをとっても、とにかく絵が美しい。全部正当な日本画です。表紙を見ればお分りでしょうが……。当時の画壇の頂点に立つ人たちをやとって書かせたのだそうです。文章もまた高級! 今の絵本のように甘っちょろくありません。さすが戦前……。「必ず仇を取ってやるぞと、形見の短刀を固く固く握りしめるのでした」とか書いてあります。

これはわたしの一押しのシーン。

dav

赤垣源蔵です!まさかこの人に絵本の中で出会えるとは……。

この悲壮感漂う横顔をご覧ください!源蔵の涙に詰まる声が、今しも聞こえてきそうではありませんか!

この、源蔵の前に置いてあるとっくりが、わたしが泉岳寺の土産物屋で買ったやつです。うらやましいでしょう。

こんな本もあるよ

わたしはこの講談社の絵本を、復刻版で手に入れました。全24冊です。その中にはこんな本も……。

dav

山中鹿之助です。この人は今や忘れ去られてる感がありますよね。こんなにカッコいいのに……。これは、巻末に尼子十勇士の物語もあって、ものすごいお得感です。

こーゆー本を読ませてた結果……

うちの子供らは五歳と三歳ですが、こうした本を読みまくった結果、「泉岳寺に行きたい」と言い出し、おじいさんおばあさんに混ざってお寺で盛り上がってました。

お寺で出会ったおじいさんは、四十七士の絵本を見て「よく読んでた!懐かしい」と大喜び。初対面のおじいさんと話が盛り上がりました。

ただし……。この本は子供が自力で読めるものではないので、親は大変です。全部カタカナです。
【関連記事】四十七士の寺に行ってきました!
四十七士の名前と石高(完全保存版!)
曽我兄弟で本を出したよ!
Amazonキンドルから本を出しました!

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。