世界一の魔法使いマーリン!その生涯と能力を徹底解説!

2020年4月8日

アーサー王伝説を呼んだことのない人でも、一度くらいは耳にしたことがあるだろう「魔法使いマーリン」。

ジャパン的に言えば、ヨーロッパにとってのマーリンの存在は、日本の安倍晴明みたいなもの。魔法使いはヨーロッパ中に腐るほどいますが、マーリンの魔法はケタ違い。ほかのがウルメイワシならマーリンはタイの塩焼きとゆーレベル(たとえが分かりにくくてすいません)。

このページでは、そのマーリンの人生と、彼の魔法の能力にはどんなのがあったのか解説します!

マーリンの出生

マーリンは、そもそも人間じゃありません。母親は人間だったそうですが、父親は夢魔(インキュバス)という魔物でした。つまり、悪魔と人間のハーフです。

ところでこのころ、イングランドでは大変困る事件がありました。土岐のイングランド王ヴォーティガンが何度城を建てても、立てる途中で崩れてしまうという怪異があったのです。ヴォーティガンは進退窮まって、占星術師に相談。すると

「人間じゃない幼児を連れてくればOK」とのこと。

家来たちは四方八方探し回って、ついに少年マーリンを発見。すぐに王の元に連れてきます。すると少年マーリンは

「王様、城が崩れるのは、地下で二匹の竜が暴れているからなのです。一匹の竜は白く、もう一匹は赤い」

と進言。掘ってみると、果たして赤白の竜が出てきました。竜は互いに噛みつきあい、やがて赤いほうが負けて逃げで行きました。マーリンはさらに予言します。

「あの二匹の竜は、やがて王座を争うであろう二人の王弟、ユーサーとペンドラコンです。ペンドラコンがいずれ王となるでしょう」

そして、その予言の通り、その後ペンドラコンが王座に就くのです。

ペンドラコン王、アーサー王の元で働くマーリン

マーリンは長生きです!二代の王に仕えて、お気に入りの相談役として働きます。

・ペンドラコン王の不倫を手助け。

・アーサー王に聖剣カリバーン、聖剣エクスカリバーをプレゼント。

・アーサー王に「グィネヴィアは浮気するよ」って予言する。

このほかにもいろいろ、アーサー王の危機を魔法でお助けします!

マーリンの最期。彼女に裏切られる!

こんな有能な魔法使いだったマーリン。しかし、女運だけは最低でした。マーリンは美人の妖精ヴィヴィアンに骨抜きになってしまいます(ヴィヴィアンはウルトラ級の美女だったので)。

しかし!ヴィヴィアンは見た目はキレイですが、心はキレイじゃない妖精だったのです!彼女の目的はマーリン自身ではなくて、マーリンの魔法の秘術だったのです。

ヴィヴィアンは色仕掛け攻撃で、マーリンの魔法の秘密を次々聞き出し、ついにはヒザ枕テクニックでマーリンを眠らせ、魔法陣で「霞の塔」に閉じこめてしまいます!……こうして、ヴィヴィアンのとりこになってしまったマーリン。今もマーリンは塔の中で「出してくれ~」と言っています。

ちなみに、この妖精ヴィヴィアンは騎士ランスロットの育ての親です。ランスロットにとっては恩人ですが、マーリンにとっては宿命の悪女だったようです。

マーリンの能力

マーリンの能力は、大きく分けて三つあります!

1.変身できる。

マーリンはなんにでも化けられます。小人、鹿、犬、貴婦人にも化けたという記録があります。

2.人を眠らせる。

これは便利です。「眠れ、眠れ~」と、いつでもどこでも人を眠らせることができます。アーサー王がペリノアという騎士に殺されかかったとき、ペリノアを瞬時に爆睡させて王を救いました。

3.巨石を運搬する。

イギリスの有名なストーンヘンジは、マーリンが作ったそうです。遠くにある何トンもの巨石を、魔法でヒョイヒョイッと空中浮遊させて運びました。

まとめ

マーリンは世界遺産ストーンヘンジも作れるほど、すごい魔法使いです。でも、最後はかなりお粗末でした。悪い美女には騙されたくないですね。

【関連記事】ぶっちゃけ無意味!ケルトのルール誓約(ゲッシュ)
ドルイド僧って何者?気になるヤツらの生態を詳しく解説!
世界一分かりやすい!ケルト神話のあらすじ。アーサー王伝説編!
アーサー王ってどんな人?意外と情けない王の生涯を五分で解説
円卓の騎士ランスロット!アーサー王の第一の騎士はどんな人だったのか?
ガウェインは円卓の騎士のリーダー!五分で分かるガウェインの生涯
五分で説明!ケルト人の驚きの生活と習慣
住み心地最悪!中世の城

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。