ガウェインは円卓の騎士のリーダー!五分で分かるガウェインの生涯

2020年4月20日

円卓の騎士の中で、ランスロットに次いで有名人なのはガウェインです。

アーサー王の親戚であり、深く信頼されていたのはもちろん、アーサー王伝説の最後でランスロットと激しく対立。伝説のストーリーに大きくかかわってきます。

このページでは、そんなガウェインの生涯とその性格を分かりやすく説明します!

簡単に紹介。ガウェインの生涯

ガウェインの出生と最期をざっくり説明します。

ガウェインはアーサー王の甥

アーサー王にはモルゴースという姉がいます。。彼女はアーサーの育ての親エクター卿の娘なので、血は繋がってはいません。モルゴースはロット王という王様に嫁いで、ガウェイン、ガヘリス、ガレスという息子を産みます。

アーサーはこの甥たちを大変かわいがったのでした。彼らは皆、成長して円卓の騎士に加わります。

つまり、ガウェインはアーサー王の血縁なのです。

ガウェイン、ランスロットに復讐する

ガウェインとともに、円卓の騎士のリーダーだったランスロット。彼はあろうことかアーサー王の妃グウィネヴィアと不倫の恋に落ちます。そしてあっという間に恋はバレて、ランスロットとアーサー王は敵対することに。

これだけでもガウェインが怒るのは当然のことでしたが、なんとランスロットは城から逃げるときに、ガウェインの弟たち、ガヘリス、ガレスを惨殺したのです。

二人の弟を失ったガウェインの嘆きは激しく、「ランスロットが死ぬか、わたしが死ぬかだ」と宣言し、どこまでもランスロットを追い続け、戦い続けたのです。そしてついに、ランスロットから深い傷を負って倒れてしまいます。

けれども、最後には窮地に追い詰められたアーサー王のために、ランスロットに「恨みを捨てて王を助けてほしい」と手紙を書き、息絶えるのでした。

ガウェインの性格は?

ガウェインの性格は、とにかく真面目!忠実!そして、情熱的です。アーサー王の命令には絶対ですし、アーサー王の旗色が悪くなっても、どこまでもお供します。

でも、ただ忠実無比な騎士ではなく、怒りに駆られると何をするか分からない人間でもあります。ランスロットが弟たちを殺したときの彼の怒りはすさまじく、ランスロットもビビりまくるほどでした。

まるでナウシカの目が真っ赤になったオウムのように怒り狂うガウェイン!ですが、最後にはアーサーのために怒りを捨て、ランスロットを許すガウェイン。やっぱり自分のことより主君を思う、いい男です!

ガウェインの持ち物

ガウェインはいろいろないきさつで、いろいろアイテムを持っています。ここでは代表的なものをいくつか。

愛馬グリンゴレット

五芒星の羽織

五芒星は神秘の力があると古来考えられています。ガウェインはこの印がお気に入りで、鎖かたびらの上にはおる羽織と、盾にも五芒星を描いていました。

緑の帯

「これをつけてると、どんな敵から攻められても傷がつかないのよ」と人妻に誘惑されて貰い受けた帯。「ガウェインと緑の騎士」というお話に出てきます。

ガウェインの身内

ガウェインには親戚兄弟が何人かいます。その兄弟も円卓の騎士です。

アーサー王

ガウェインの叔父

ロット王

ガウェインの父親。オークニー国の王

モルゴース

ガウェインの母親。アーサー王の姉

アグラヴェイン卿

ガウェインの弟。モルドレッド卿と一緒に、ランスロットを陥れようとして、逆にランスロットに殺される。

ガヘリス卿とガレス卿

ガウェインの弟。二人ともランスロットに殺される。ガウェインはこの二人のためにランスロットに復讐を誓う。

ラグネル姫

ガウェインの奥さん。魔法にかけられて醜い姿をしていたが、ガウェインの親切心で魔法が解け、元の美しい姿になる。

ガウェインの弱点

実は、ガウェインはお日様がさんさんと差している午前九時から午後三時の間だけ、メチャクチャ強いという特異体質の持ち主。まるでアサガオみたいな騎士でした。これを知っているのはアーサー王だけで、二人は必死に隠していたのですが、最後にランスロットにバレて重傷を負わされました。

とにかくガウェインはいい人

ここまで読んでくださった方、お疲れ様です。

ガウェインは激情派で、特異体質の持ち主でもありますが、でもそれを差し引いても親切で忠誠心の強いいい人です!また、別にガウェインの活躍話を書くので楽しみにしててね。
【関連記事】ぶっちゃけ無意味!ケルトのルール誓約(ゲッシュ)
ドルイド僧って何者?気になるヤツらの生態を詳しく解説!
世界一分かりやすい!ケルト神話のあらすじ。アーサー王伝説編!
アーサー王ってどんな人?意外と情けない王の生涯を五分で解説
円卓の騎士ランスロット!アーサー王の第一の騎士はどんな人だったのか?
五分で説明!ケルト人の驚きの生活と習慣
住み心地最悪!中世の城

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。