ガウェインは円卓の騎士のリーダー!五分で分かるガウェインの生涯

円卓の騎士の中で、ランスロットに次いで有名人なのはガウェインです。

アーサー王の親戚であり、深く信頼されていたのはもちろん、アーサー王伝説の最後でランスロットと激しく対立。伝説のストーリーに大きくかかわってきます。

このページでは、そんなガウェインの生涯とその性格を分かりやすく説明します!

簡単に紹介。ガウェインの生涯

ガウェインの出生と最期をざっくり説明します。

ガウェインはアーサー王の甥

アーさ王にはモルゴースという姉がいます。。彼女はアーサーの育ての親エクター卿の娘なので、血は繋がってはいません。モルゴースはロット王という王様に嫁いで、ガウェイン、ガヘリス、ガレスという息子を産みます。

アーサーはこの甥たちを大変かわいがったのでした。彼らは皆、成長して円卓の騎士に加わります。

ガウェイン、ランスロットに復讐する

ガウェインとともに、円卓の騎士のリーダーだったランスロット。彼はあろうことかアーサー王の妃グウィネヴィアと不倫の恋に落ちます。そしてあっという間に恋はバレて、ランスロットとアーサー王は敵対することに。

これだけでもガウェインが怒るのは当然のことでしたが、なんとランスロットは城から逃げるときに、ガウェインの弟たち、ガヘリス、ガレスを惨殺したのです。

二人の弟を失ったガウェインの嘆きは激しく、「ランスロットが死ぬか、わたしが死ぬかだ」と宣言し、どこまでもランスロットを追い続け、戦い続けたのです。そしてついに、ランスロットから深い傷を負って倒れてしまいます。

けれども、最後には窮地に追い詰められたアーサー王のために、ランスロットに「恨みを捨てて王を助けてほしい」と手紙を書き、息絶えるのでした。

ガウェインの性格は?

続きはまたね(^.^)/~~~