【ケルト神話】マンガで書いてみた!ケルトの英雄クーフーリンの生涯

2019年4月23日

光の神ルーの血を引くクーフーリン。ケルトの古い時代の英雄の中で、最も有名で人気のあるキャラクターです。

日本で「戦国武将カッコいいブーム」が昔から何度も巻き起こったように、ヨーロッパでは「クーフーリンカッコいいブーム」が何度もありました。さらに最近ではファンタジーブームによってゲームの世界にもクーフーリンは進出。日本にもゲームの人気キャラとして定着するように。

今回は、そんなクーフーリンがどんな生涯を送ったのか、分かりやすくマンガにまとめてみました!

波乱万丈の生涯を送ったクーフーリン。神話のバージョンが多すぎて、いったい何歳で死んだのかよく分からないのですが、かなり短命だったようです。

美形の最強キャラは短命!というのは東西問わず同じですね!

わたしがクーフーリンを初めてマンガで読んだのは、山岸涼子の「妖精王」でした。黒髪の美しいすらりとした騎士姿がカッコいい……。

こんなのです。

わたしはこんなのは書けないのでダサいクーフーリンです。すみません。

妖精王のクーフーリンは、神話とは全然違うキャラです。妖精王ジャックをひたすらサポート。騎士道精神の鏡のようなクーフーリン!小学生の時にこれを読んだ後で、ケルト神話を読んだので「あれ?」って感じでした。

神話のクーフーリンは美形!勇敢!おおらか!って感じですよね。でもどっちも好きですよ。

以上、クーフーリンの生涯でした!
【関連記事】クーフーリンと赤枝の騎士団
クーフーリンと魔女メイヴ
ぶっちゃけ無意味!ケルトのルール誓約(ゲッシュ)