ギリシャ神話のお勧めの本!子供向けから専門書まで

2020年4月30日

ギリシャ神話の本は、ちょっと大きめの本屋に行けば色々ありますよね。数が多くて、どれが自分が読みたい本か分からない方もいると思います。

ここでは、わたしが厳選した本をマンガから専門書まで紹介します!きっと、自分に合った本が見つかると思いますよ!

まずは入門書

ギリシャ神話はとにかく話が複雑……。分かりやすくあらすじだけでも知りたい人におすすめです。

マンガ・ギリシア神話


里中満智子のマンガのギリシア神話です。神々の誕生からオデュッセウスの冒険まで、有名どころのギリシア神話のストーリーをすべて分かりやすく網羅しています。

  1. オリンポスの神々
  2. 至高神ゼウス(アポロンの恋、メドューサの悲劇なども)
  3. 冥界の王ハデス(オルフェウスの竪琴も)
  4. オイディプス王の悲劇
  5. 英雄ヘラクレスの冒険
  6. 激情のメディア
  7. トロイア戦争
  8. オデュッセウスの冒険

全八巻。一話、一話、分かりやすく短編なので、ごちゃごちゃしてないです。神話好きの人にはたまらない作品です!

ただし、少女漫画作家なので、男性には好き嫌いがあるかな……。

ギリシア神話


わたしが子供のころ、初めて読んだギリシア神話ですので、結構古いです。でも名作ですよ!まず、絵が美しい。子供向けの本ですが、文章もなかなか高級ですよ。

  • オリンポスの神々
  • ヒアキュントスの話
  • パエトンの話
  • エウロペの話
  • パンドラの箱
  • ミダス王の黄金
  • イカロスの翼
  • ペルセウスとアンドロメダ
  • オルフェとユウデリケ
  • ピグマリオンの話

など。子供にも分かりやすい、でもロマンあふれる小話ばかりです。

ギリシア神話


ミッフィーやプーさんを日本語訳にした石井桃子が、小中学生のためにまとめたギリシア神話です。神々の物語の他に、小中学生向けにはなかなか載っていない、長い物語がたくさん!

  • ヘラクレスの冒険
  • アルゴー号の冒険
  • トロイア戦争
  • オデュッセウスの航海

一冊の中に、ほぼすべての神話の内容が凝縮されているのがすごいです!石井桃子の作品なので、言葉遣いも品がいいですよ。

詳しく知りたい人に!マニア編

簡単なあらすじを知った後、もっと詳しく知りたいという熱心な方。変態レベルも紹介します。

ギリシア神話


見た目が激しく高級な割に、結構読みやすいですよ。呉茂一の熱意を感じる一冊です。写真や分かりやすい地図があるのも嬉しいです。

この作品が良い点は、「神々や人物の性格」がしっかりと書かれていること!普通、専門書だと、ただ事実をダラダラと書き連ねているだけですが、この作品は「ヘラクレスは呑兵衛で呑気で陽気で、しょっちゅう失敗を繰り返して……」という風に、人物を原寸大に、人間味あふれる姿で描いているのです。神話をよりイメージしやすいですね。

ただ、重たいですので持ち歩きは不便ですね。

ギリシア文明史


全三巻のうち、一巻の最初にトロイア戦争が載ってます。トロイア戦争で活躍した、アキレウスやオデュッセウスについて長々と語られています。

歴史書――のはずなのですが、この作者はよっぽどトロイア戦争ファンだったらしく、かなり長々と、トロイア戦争を溢れる情熱で語ってます。アキレウス、ヘクトル、オデュッセウス、はてはアイアスにいたるまで、活躍した英雄の性格と働きを細々と綴ってます。特にアキレウスへの愛がすごいです。

アキレウスファンの方にお勧めですよ。

トロイア戦争全史

実は、日本にはトロイア戦争を最初から最後まで全部詳しく書いた本が他にないです。これは、唯一日本人が日本人のために書いた貴重なトロイア戦争物語です。しかも、かなり読みやすいですよ。

ギリシャ勢がトロイアへ着くまでに、間違えてミュシアを攻めてしまったとか、アキレウスが死んだときにブリセウスが語った台詞など、他の本ではなかなかお目にかからない場面が目白押し。トロイア戦争を最初から最後まで知りたい方は、ぜひご購入あれ。

古典のままで読みたい人に!原作編

ここでは、古代の詩のままで書かれたものを紹介します。

イリアス



ご存知、ホメロスの一大叙事詩「イリアス」!トロイア戦争の話として有名ですが、ただし注意!戦争の途中(アキレウスがアガメムノンと大喧嘩してキレるところ)から始まって、アキレウスがヘクトルを倒し、その死骸をヘクトルの父親プリアモス王が引き取るところまでしか書かれていません。アキレウスファンの方にお勧めですね。

翻訳が結構昔なので、人物の名前が今の訳と違っているところが多いです。ご注意あれ。

トロイア戦記


イリアスと合わせて買いたい一冊です。アキレウスが殺されてしまうあたりから始まって、トロイア陥落までが書かれています。

見どころは、アキレウスの息子ネオプトレモスの活躍。映画でも小説でも、ネオプトレモスが出てくるものはほぼありませんね(里中満智子のマンガでは、けっこうショボい人物になってるのが残念です)。しかし、実はネオプトレモス、父親そっくりの二枚目。しかも強い。彼が父親の墓に詣でて涙を流す場面などは必見です。

ヘシオドス――仕事と日


人間がどうして労働をしなければならなくなったのか?その謎が神話の中で語られています。

ギリシャ神話によると、人間の歴史は四つの時代に分かれているそうです。黄金の時代、銀の時代、青銅の時代、鉄の時代です。その四つの時代について詳しく述べ、人間がだんだん神の恩寵を失って、自分の手で作物を作らなければならなくなったいきさつを述べます。キリスト教の「失楽園」みたいですね。

四つのギリシャ神話


アフロディテ、デメテル、ヘルメス、アポロン。四人の神々に寄せる美しい詩が書かれています。

ヘシオドス――神統記


神々の誕生について書かれた詩です。結構短いので、割と読みやすい一冊ですよ。

英雄が語るトロイア戦争


これはお勧めです!一風変わったトロイア戦争。トロイア戦争で死んでしまった若い英雄が現代(と言っても古代ですが)に幽霊になって出現。ブドウ畑のおじさんにテレパシーでトロイア戦争の顛末について語るというストーリー。なかなか面白いですよ。

他の本に載ってない、珍しいエピソードとしては、トロイア戦争で死んだ英雄たちが冥界でどんな暮らしをしているのか?という話です。アキレウスが冥界でヘレネといい仲になってるとか、かなりビックリです。

ヘレネー誘拐・トロイア落城


この本の見どころは、何と言ってもパリスがヘレネーを誘拐するときの口説き文句。どうやって、人妻のヘレネーをパリスが誘惑して連れ去ったのか?かなり詳しく書かれていますよ。

パリスが自慢の金髪の巻き毛が、風でバラバラにならないように気を付けてたとか……かれのチャラ男ぶりがあちこちに書いてあるのも面白いです。やっぱり、パリスはギリシャ神話一のろくでなしですね。真面目なヘクトルの弟とは、とても信じられません!

ちょっとマニアックな本

ここでは、ちょっと視点を変えたギリシャ神話を紹介します。

ギリシアの神々


ギリシャの神々の「悪」な一面に視点を当てて、大量の小話を紹介する一冊です。この本以外では読んだことのない話も結構あります。

花とギリシア神話


花や植物に変身した人間、妖精についてまとめた一冊です。ギリシャ神話には花に変身した人間がこんなに多いのか……と、驚きます。

西洋絵画の主題物語


ギリシャ神話の絵画に興味のある方、必読書です!神々ごとに、有名な絵画を多く紹介しています。簡単なストーリーも書いてあって、かなり親切ですよ。
【関連記事】
ケルト神話のお勧めの本!入門書からマニア向けまで
【北欧神話】北欧神話についての本!これを読めばマニアになれる!
完全保存版!トロイア戦争あらすじまとめ

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。