【北欧神話】ざっくりとご紹介 北欧神話の千一夜

2019年4月14日

北欧神話とは? いったいどこの話なの?

ハッキリ言って、「北欧神話」と聞いてもどこの国の話かよく分からない、という方も多いのではないでしょうか?

「北欧」とは、ざっくり言ってヨーロッパの北あたりの国々のことです。

デンマーク、ノルウェー、スエーデン(フィンランドは北欧神話ではなく、別の神話があります)。このあたりのことを言います。

しかし北欧神話について言えば、イギリス、アイスランドもおまけでついてきます。

なぜか。それには当時の時代背景を見なければなりません。

ヴァイキング、北欧神話を作った人たち

そもそも、北欧神話の神々を信じていたのは「ヴァイキング」と呼ばれる人たち。

このヴァイキングたちは、もともとデンマーク、ノルウェー、スエーデン三国がある「スカンジナビア半島」に住んでいました。

しかし、時、8世紀から10世紀。このスカンジナビア半島で人口爆発。

ヴァイキングたちは代々、家を継ぐことができるのは長子だけ、と決まっていたので、余った息子たちは大迷惑。

住む場所がない、財産がない。追い詰められた若者たちは、先を争って船に乗り、海のかなたのまだ見ぬ土地に夢を求めたのでした。

この、国を出た若者たちがたどり着いたのが、イギリスやアイスランド。

若者たちが残酷で無鉄砲なのは、いつの時代も変わりません。何と彼らは、陸地にたどり着くや、剣に物を言わせていきなりイギリスやアイスランドの地を分捕ったのでした。

この事件は、「ノルマン・コンクエスト」と呼ばれています。

「ノルマン」とはヴァイキングのこと。「コンクエスト」は征服。「ヴァイキングによる征服」という意味です。

イギリス、アイスランドの地に北欧神話が伝わっているのはこういうわけです。

その名残はいろいろなところに残っています。

有名なのは曜日。

火曜日は英語でチューズデー。北欧神話の神、チュールの名から。

金曜日はフライデー。こちらは女神フレイヤの名から。

建築物にも残っています。イギリスには各地に、ぐるぐると渦巻きのような模様の入っている十字架がありますが、あれはヴァイキングの伝統の模様なのです。

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。