パリの貴婦人、ノートルダム大聖堂

突然の火災によって、ノートルダム大聖堂の3分の2が消失してしまったというニュースが世界中を騒がせました。

わたしは今までに2度、ノートルダム大聖堂を訪れたことがあります。まだ記憶に新しい、ヨーロッパじゅうを大寒波が襲ったときに行ったのですが、ノートルダムの荘厳な美しさには息をのんだものです。

ノートルダム大聖堂からパリは始まった!

ノートルダム大聖堂が建っているのは、セーヌ川の小さな島「シテ島」。このシテ島に、ローマ時代に小さな寺院が建てられたのが、パリの歴史の始まりでした。

寺院はローマにキリスト教が広まってからはキリスト教教会となり、9世紀に「ノートルダム(聖母マリアのこと)」と名付けられました。

パリはこのノートルダム大聖堂を中心にして、周囲に広がっていきました。人口が増えるにつれて少しずつ住宅地を継ぎ足していき、城壁を広げていきました。今でも、パリの街中を注意してよく見ると、街を広げるときに取り壊した古い城壁があちこちに残っています。

ですから、パリで最も美しい風景を見ようと思ったら、エッフェル塔やサクレクール寺院を登ってもピンときません。ノートルダム大聖堂の鐘楼から見る眺望が最も美しいのです。パリという街が、この大聖堂を基準にして建てられているからです。

日本人にもなじみ深いノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂はパリの象徴ですが、意外と日本人にもなじみのある寺院です。

わたしが思い出すのはちょっと(かなり)古い大河ドラマ「獅子の時代」。主人公平沼銑次(ひらぬませんじ、菅原文太)と、ヒロインもん(大原麗子この頃最高の美貌)がノートルダム大聖堂をバックにゆっくりと歩くシーンは実に印象に残るシーン。

セーヌ川の中州にそびえる大聖堂はまるで真っ白な船のように見え、その前を幕末の侍と日本女性が通り過ぎていく光景は、実に歴史を感じる組み合わせでした!

この二人、パリで出会ってその後数奇な運命の果てに結ばれるのですが、それはまた別の話。興味があったら見てくださいね。

あと日本人になじみ深いのは、何と言ってもヴィクトル・ユゴーの「ノートルダムのせむし男」ですよね。この名作は劇団四季でも上演され、マンガでは「あしたのジョー」に出てましたね。ヒロイン白木葉子が、少年院を慰問に訪れ、「せむし男」が恋焦がれるジプシー娘エスメラルダを演じていました。おそらくこのマンガで「ノートルダムのせむし男」を知った方も多いはず!葉子エスメラルダは実に美しく、今もファンは多い(らしい)です!せむし男カシモドを演じていたのは段平のおっちゃん。あんまりだ……。

ノートルダム大聖堂の隠れスポット

大聖堂を訪れた方は、「バラのステンドグラス」や礼拝堂などを見て回るでしょうが、八百年の歴史を誇り、非常に巨大な建造物であるノートルダム大聖堂。見どころはいたるところにあります!

ここではわたしが選んだ「混んでない」「おもしろい」スポットを紹介します!

【サン・ドニの彫刻】
大聖堂の正面、一番左の入り口に、サン・ドニの彫刻があります。見つけるのはとても簡単。何人か成人の彫刻があるのですが、自分の首を両手に抱えて持っているのがサン・ドニです。


この写真の一番左の入り口!サン・ドニは見えないでしょうが……。

この人は3世紀にパリでキリスト教を広めていた坊さんです。そのころ、キリスト教は今のように一般的な宗教ではなくて、とてもマイナーで怪しげな新興宗教だったのです。(今でも新興宗教は怪しさの塊ですよね)信徒が増えるにつれ、サン・ドニは「怪しい宗教を広める奴!」と斬首されてしまいます。

すると奇跡が!なんとサン・ドニは自分の首を拾ってトコトコ歩き出したのです!しかもペラペラと神について熱く語りながら、数キロ歩いたというのですから、これぞ神業と言わずして何でしょう。

サン・ドニがついにぶっ倒れて、今度こそ死んだ(?)場所にはサン・ドニ大聖堂が建っています。パリのちょっと北に位置します。ノートルダムのサン・ドニに挨拶してから、サン・ドニ大聖堂を訪れるのも粋ですね。

セーヌ川の対岸

近くから見るのもいいですが、セーヌ川の歩道から眺めるノートルダムは実に美しいです。セーヌ川にはいくつも橋が架かっていますから、その橋から写真を撮ると大聖堂の全貌を写すことができます!

わたしのおすすめスポットはマドレーヌ方面。セーヌ川にそってずらっと古本の屋台が並んでいます。フランス語の古本なんか見ても……、という方も心配なし。古銭、ポスター、切手など、コレクションにピッタリなアイテムもたくさんあります!

わたしも古銭が欲しかったのですが……一番欲しかった17世紀の金貨(ダルタニャンが使ってたやつです!)がなかったのであきらめました。さすがに、屋台で金貨は売ってなかったですね。(この後、ルーブルの古銭屋を歩き回ったのですが、フランス語が話せなかったので相手にされませんでした)

ノートルダム再建のために寄付しよう!

ノートルダムはフランスで最も歴史ある建造物であり、フランスだけでなく、人類共通の宝でしょう。遠く日本でも、その文化の影響はいたるところに見られます。

わたしも、この記事を読んでいるあなたも、ぜひ再建のために寄付をしましょう!

フランスは東日本大震災の際にも多額の寄付をしてくれましたね。今度は日本が恩返しをする番だと思います!

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。