ギリシャ神話じゃない!ふたご座の物語~実は曽我兄弟だった!

2020年5月10日

ふたご座と言えば、ギリシャ神話のカストルとポルックス!でも、実はこの星座は、日本でもある兄弟の星とされていたということをご存知ですか?

しかもこの物語、実話です。鎌倉時代、源頼朝(みなもとのよりとも)のおひざ元で、仇討ちのために寵臣を惨殺するという事件があったのですが、この時の犯人が「曽我兄弟(そがきょうだい)」。この物語の主人公なのです。

このエピソードは古典の「曽我物語」にまとめてあります。このページではあらすじを簡単にご紹介します!

曽我兄弟、父を殺される

曽我兄弟は、誰もがうらやむ幸福な家庭に生まれ育ちました。父は強者と名高い侍、河津(かわず)三郎。おっとりと美しい、けれども芯の強い母。兄、一萬(いちまん)は色白で優しく、弟、箱王(はこおう)は浅黒く気が強い性格でした。

ところが、兄弟たちの幸福はある日突然崩れ去ることになります。父三郎が、狩りの最中、くせ者によって矢で射殺されたのでです。馬からどうと落ち、狩りに同行していた祖父が駆け寄ったとき、まだ息がありました。

「父上――父上」三郎は年老いた父の手を握って、最期の息を振り絞ります。「あれは、わたしを恨みに思っている工藤祐経(くどうすけつね)の手先です……。祐経がわたしを……。父上、子供たちは、一萬は五つ、箱王はまだ三つ。あまりにも不憫です。父上、どうか、どうか子供たちを……」

涙を落として老父に訴え、無念の死を遂げたのでした。

曽我兄弟、仇討ちを決心する

何も知らぬ子供たちは、門前で父の帰りを待っていました。兄弟が目にしたのは、しかし無惨な父の亡骸だったのです。

「父上! 父上!」

一萬は取りすがって泣きます。箱王はただオロオロと、父の着物を引っ張るばかり。三つの幼子には、父の死が分からなかったのです。

その夜、母は子供たちを左右に抱いて語りました。

「二人とも、母の言葉をよく聞き、いつまでも忘れるでない。あのご立派な父上を殺めたのは、工藤祐経です。卑怯者の祐経。この名を胸に刻みなさい。憎い、憎い祐経。お前たち、大きくなったならば、きっと仇を討ってくだされよ」

三つの箱王はまだ何のことか分かりませんが、五つの一萬は顔を上げて返事をしました。

「母上、ご案じなさるな。わたくしがきっと、大きくなって仇を討ってご覧に入れます。これからはわたくしが父上にかわって、箱王を支えます。そして、いつかきっと、父上の無念を晴らします」

この後、父を失った兄弟は住み慣れた家を離れ、母とともに貧乏な親戚の曽我家に引き取られることになります。曽我の家で育ったので、「曽我兄弟」と呼ばれることになったのです。

富士の裾野で仇討ちを果たす

その後兄弟は元服し、兄は十郎、弟は五郎と名を改めます。

十郎が二十二、五郎が二十歳の年、将軍頼朝が富士の裾野で大規模な狩りを行うことになっりました。

「吉報だぞ、五郎。祐経は将軍の寵臣。必ず狩りに参加する。仇を討つのは、今をおいて他にない」

「おお、兄者人(あにじゃびと)! 父上が亡くなってより、十八年。どれほどこの時を待ったことか!」

「五郎よ。よく聴け。将軍の寵臣である祐経を殺せば、我らの命もそれまで。首を切られることは避けられぬ。五郎、それでもよいか。それでも、この兄と運命を共にするか」

「兄者人、情けないことをおっしゃる。今更――。この五郎の心を疑うような言葉、聞くことすら恥ずかしい」

兄弟は手を取り合い、その熱の中に互いの決意を確かめ合い、富士の裾野へ旅立ちます。

ついに、将軍の狩りが始まりました。しかし、数え切れないほどの侍の数(六万)。田舎者の十郎五郎は戸惑うばかり。まして祐経は重臣。足元にも近づけません。宿も無数に立ち並び、どれが祐経の宿かも分かりませんでした。

「これではいかん」と、三日間を費やして、やっとの思いで二人は祐経の宿を探し当てました。

深夜――。土砂降りの雨の中。二人は祐経の宿の前に立ち、松明を片手に互いの肩に手をまわしました。

「兄者人、これが最後の別れです。懐かしいその顔を、今一度見ておきたい」

「おお、五郎。顔を見せてくれ」

いざ討ち入りとなれば、もう互いの顔を見る暇はありません。これが最期と、つくづくを顔を見合わせました。

「おさらば――!」

二人は同時に手を放し、祐経の宿へ入っていきます。皆、寝静まっていました。足音を忍ばせ、一番奥の、祐経の寝所へひた走ります。

やがて、二人は目指す部屋へとたどり着きました。

「兄者人、間違いない。この男です。わたしは一度、箱根の寺を訪れた祐経の姿を見たことがある。こやつが、仇です!」

十郎が祐経の枕を蹴飛ばし、祐経を起こして叫びました。

「起きろ、祐経。河津三郎の子が、今こそ仇を討ちに来たぞ」

祐経は刀に手をのばしましたが、遅すぎました。兄弟の刀が寝巻の身体に斬りかかり、ついに十八年に及ぶ宿願を果たしたのでした。

十郎、討ち死にする

将軍の寵臣を殺めた者は死罪。初めから、兄弟には生き延びる気はさらさらありませんでした。次々にはね起きて襲い掛かってくる武士たちを相手に戦います。二人合わせて、五十人もの武士を斬ったそうです。(ホントかな?)

兄の十郎はその戦いの中で討ち死に。

「五郎! 五郎はなきか。我は新田四郎の手にかかって討たれる。死出の山にて待つぞ」

兄の最期の叫び。五郎は太刀振り回して、死骸なりとも今一目顔を見んと、垣根の如き武士たちをかき分け走り寄ります。

「恨めしや、五郎を置いて――。わたしを捨てて先に逝くとは。兄者人、この五郎も連れて行け」

兄の死骸に縋り付いて、声を放って泣いたのでした。しかし、襲い掛かる武士たちの無情の手。五郎はなおも勇ましく戦いましたが、後ろから組み付かれ、無数の手に捕まって、無惨にも縄で縛られ生け捕られたのでした。

五郎、死罪となる

五郎は一人、将軍の前に引き出されます。将軍直々に尋問されますが、その態度は実に堂々たるものでした。

「十郎が九つ、わたくしが七つのときから今まで、工藤祐経を仇と狙っておりました(彼らが武術を始めた年齢を指す)。将軍、この縄を善の縄とお思いにならぬか。産まれて七歳から常に心に留めていた甲斐あって、めでたく仇を討ち果たしてついた縄。全く恥とは思わぬ。かねての願いを果たした今は、この首を千に切られたとしても恨みに存じませぬ」

「あっぱれな男よ、五郎。男の手本だ。そして、その方の武勇、実に目をみはるものがある……」

源頼朝は、五郎の武勇を惜しんで、命を取ることをためらったと言われます。

やがて一人の武士が、十郎の衣装に何かをつつんで五郎の前に持ってきました。おもむろにそれを開いて

「見よ、確かに十郎の首か」

「兄者人……」五郎はわなわなと震えて言いました。「なぜ、なぜ先に……。同じ時、同じ所にて屍をさらさんと誓っていたのに。遅れて生きている我が身が恨めしい。兄者人、死出の山にて待ちたまえ。すぐにも追いつき、側に参らん。閻魔王(えんまおう)の宮殿へももろともに……」

この時の五郎の嘆きは激しいもので、その様子に涙を流さない者はなかったそうです。

「助けてやりたい」

と頼朝は言いましたが、五郎は生きるつもりはありませんでした。

「兄者人のいないこの世に、いつまでも生きていたくない。兄がわたしを待っている。急ぎ参って、手に手を取り合って三途の川を渡りたい。こうして、一時たりとも長く生かされていることこそ、恨みに思っている。今はただ、早く首を切ってほしい」

五郎は、からからと高笑いしながら首を斬られたといいます。

まとめ

随分長くなりましたが、以上が曽我物語のだいたいのあらすじです。

遠いギリシャと日本で、いずれもふたご座が「仲の良い兄弟の星」とされているのは、なんとも不思議な偶然です。ひょっとしたら、シルクロードを通じて「兄弟の星」という話が伝わっていたのかもしれませんね。

もっと深く知りたい方、詳しく本にまとめてAmazonキンドルから出していますので、ぜひ読んでね。

【関連記事】
ギリシャ神話じゃない!さそり座の物語2話

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。