ケット・シーは魔法の猫、クー・シーは魔法の犬。その特徴を五分で説明

時々、ゲームなどで耳にするケット・シーやクー・シー。特にクー・シーはゲームのキャラクターとして紹介されて以来、大変人気が出て、自分のペットの犬にクー・シーという名前を付ける人もいるとかいないとか。

ここでは、ファンタジーの世界によく登場するこの犬猫の特徴を紹介します!

ケット・シーの正体は、有名なあの猫!

ケット・シーとは日本語に直すと、ケットが猫、シーは妖精。つまり「妖精の猫」なのです。ヨーロッパでは実におなじみな存在で、特にスコットランド、イングランド、北欧にはウジャウジャいるんだとか。

ケット・シーの見た目は?

彼らはたいてい黒猫ちゃんです。胸が白く、あるでネクタイしてるみたいに見えます。目は緑色。足音をせずに歩き(これは猫なら当たり前ですが)、普段はケット・シーであることを隠して四つ足ですが、ホントは二本足でトコトコと歩きます。

でも、うっかりあわてると人前で二本足で走ったりします。

超有名猫のケット・シー

この世で最も有名なケット・シーは、あの「長靴をはいた猫」です!

貧しいご主人が「この猫を焼き肉にして、皮は帽子にするか」と言い出すと、「ちょっと待ってください!金持ちにしてあげるから食べないで」と、いきなり猫がペラペラと……。ここで驚かないご主人はなかなかの大物……。

猫は長靴はいて王様にワイロ(ウサギとか魚とか)を贈りまくって、王様のお気に入りとなり、さらには大金持ちの魔法使いを退治して、堂々とその屋敷と財産を横領。約束通りご主人をお金持ちにし、王様のお姫様をご主人のお嫁さんにしたのでした。

ケット・シー、なかなかの働き者ですね!手段は全然選びませんが、ご主人に必死に尽くす姿がなんともいじらしいですね。

ただの猫とケット・シーの見分け方

自分の飼い猫がケット・シーであるかどうかを確かめるには、耳をちょっとひっぱるといいそうです。ケット・シーだと怒って「無礼者!」「ひどい、あんまりだ!」とわあわあ騒ぎます。

あるいは、時々ですが、人に見られていることを忘れて、ケット・シーが二本足で歩くことがあります。

イギリスの伝承では、ケット・シーは人間味バレない場所に、人間みたいな自分たちの王国を持っていて、王様、坊さん、一般人がいるのだとか。

あるとき、酒場である酔っ払いが「向こうでさ~、すげーでっかい猫が死んだんだぜ」としゃべっていたら、そこの酒場の黒い飼い猫が、いきなりピョンッと飛び起きて

「大変だ!王様が亡くなったのか。すぐにお葬式に行かなきゃ!」

と頭を抱えてピーピー泣くと、トコトコ走って出ていってしまったそうです(可愛い……)。そのでっかい猫というのが王様だったそうです。

クー・シーは、実は人間になつかない!

クー・シーは、クーが犬、シーが妖精。「妖精の犬」という意味です。スコットランドではよく目撃される伝説の犬です。

クー・シーってこんな姿だぞ

クー・シーはかなり大きいです。たっぷり大人の牛くらいあります。体の色は暗い緑色。耳はとがっていて、尻尾はくるんと巻いています。目は暗闇でもギラギラ光り、鳴き声は不気味にはるかかなたまで響き渡るとのことです。

けっこう化け物じみていますね……。

クー・シーのお仕事は?

クー・シーは妖精たちの番犬です。

妖精たちは、「妖精の丘」という人間たちには見えない場所にそれぞれ隠れ住んでいて、そこには美しい宮殿とか広場があるそうです。妖精たちはこの住処に人間たちが近づくのを大変嫌っていて、丘のふもとにクー・シーを置いて、見張らせているのです。

クー・シーは妖精たちにとても忠実で、勇猛です。決して人間を「妖精の丘」に近づけません。人間や、あるいは妖精の敵である魔物が侵入してくると、襲い掛かって追い払ってしまいます。

クー・シーに出会ったらどうする?

偶然、妖精の丘に近づいてしまって、クー・シーに狙われたら大変です。

こんな時は、風に混じってクー・シーの鳴き声が背後から聞こえてきます。実は、クー・シーには謎な癖があって、「三度鳴いてから襲い掛かる」というポリシーがあるのです。ですから「三度鳴くまでに、走って安全な場所に逃げろ」とスコットランドでは言われています。

まとめ

ケット・シーとクー・シーについて説明しました。

名前はとっても似てる二匹ですが、性格はだいぶ違いますね。ケット・シーはたいてい人間に無関心ですが(やっぱり猫だから?)人間と仲良くなることもあるし、時にはビックなプレゼントもしてくれるのですが、クー・シーは妖精の番犬なので、妖精以外の生き物には絶対になつきません。

どちらがお好みかは、人それぞれですね。

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。