【ケルト神話】ケルト人とは?ケルトの歴史をざっくりとご紹介

2019年4月14日

古代ケルト人ってこんな人たち

古代ケルト人とは、紀元前2000年ごろ、いきなりヨーロッパに広がって領土を広げていった騎馬民族です。

そのころ、ヨーロッパは青銅器文明。青銅器のちゃちな武器しかなかった中部ヨーロッパに、ケルト人たちは馬にまたがり、鉄製の戦斧(せんぷ)を持って殴り込みをかけます。(この時代をハルシュタット期と言います)当然、ヨーロッパは大混乱。ケルト人たちはさらに南に広がるギリシャやローマにもケンカをふっかけ(ラ・テーヌ期)、当時最強とうたわれたローマ軍を大いに脅かします。

ケルト神話にやたらめったらに戦いの話が多く、クーフーリン、フィン・マクール、アーサー王と英雄が大活躍するのは、ケルト人たちが戦いに明け暮れた民族だったからと言えるでしょう。

文字を持たなかった古代ケルト人

ところで、古代ケルト人は文字というものを持っていませんでした。ですから、彼らの文化や神話は、そのほとんどは謎なのです。では、今わたしたちが知るケルト人の神話や歴史の情報は、どこから来たものなのでしょうか?

実は、ケルト人についてわたしたちに情報を残したのは、ケルト人に散々ケンカを売られたローマ人たちなのです。いきなり現われて、鉄の斧を振り回して襲ってくる「蛮族」に、当時のローマ人はビビりまくりました。

ケルト人に対して、ローマ人の印象は「命知らずの戦士」だったようです。
「戦場で騎馬部隊に出会うと、彼らは槍を投げ、戦車から飛び降りて剣で打ちかかってくる。鎧兜も身に着けず、裸に帯を締めただけで敵の中に飛び込んでくる」
「軍神アレスに取りつかれており、短気で闘争的である。興奮すると彼らは、いつどこであろうと、どういう理由であろうと、自分たちの力と勇敢さ以外は何物も頼らず、直ちに危険の中に飛び込んでいくのだ」

おどろくばかりに勇敢で、死を恐れない戦士、ケルト人。ローマ人も戦いを繰り返してきた民族ですが、その彼らの目から見ても、不可解なほどに死を恐れない戦士たちだったようです。

出版した本

三国志より熱を込めて三国志より熱を込めて 通勤時間で読める三国志
ショートショートのエッセイで書き下ろした三国志。 呂布、孫策、周瑜、曹操、馬超、劉備などの英雄たちの人生を、ショートショート一話ずつにまとめました。 英雄たち一人一人の人生を追いながら、三国志全体のストーリーに迫ります。
あなたの星座の物語あなたの星座の物語
星占いで重要な、黄道十二星座。それぞれの星座にまつわる物語を詳しく紹介。 有名なギリシャ神話から、メソポタミア、中国、ポリネシア、日本のアイヌ神話まで、世界中の星座の物語を集めました。
曽我兄弟より熱を込めて曽我兄弟より熱を込めて
日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟。鎌倉時代初期、源頼朝の陣屋で父の仇討ちを果たしたという、実際にあった大事件です。戦前は誰一人として知らない者はいなかった兄弟の物語ですが、現代ではほとんど知られていません。 本書では、知識ゼロからでも楽しんで読めるよう、物語の見どころを厳選してエッセイにまとめました。
新講談 山中鹿之介新講談 山中鹿之助
「我に七難八苦を与えよ」と三日月に祈った名将、山中鹿之介。 戦国時代、出雲の小国尼子は、隣国毛利に滅ぼされる。主君を失った尼子の家臣は、皆散り散りに――。しかし、ただ一人、山中鹿之介は主家の再興を目指して、ひたすら戦い続けるのだった。 戦前、講談で大人気を博した山中鹿之介の人生。兄から託された三日月の兜(かぶと)、鹿と狼の一騎討、布部山の大戦、上月城の壮絶な最後など、見どころを厳選してまとめた、新しい講談本。
忠臣蔵より熱を込めて忠臣蔵より熱を込めて
江戸時代から長く愛され続けている忠臣蔵の物語。四十七士の内、大石内蔵助、武林唯七、堀部安兵衛、杉野十平次、岡野金右衛門、赤垣(赤埴)源蔵に焦点を当てて、全体のストーリーを追います。広く知られている講談や芝居のエピソードから、覚書や遺書に見られる史実の姿まで紹介します。